会長挨拶 司法書士会からのおしらせ 司法書士の業務 相談会の案内 会員の紹介
高校生への法教育講座 調停センター「和み」 成年後見制度 情報公開 リンク
司法書士は身近な法律アドバイザーです。
ここでは、司法書士の主な業務内容をご紹介します。ここでご紹介する以外にもご相談にのれる事はたくさんありますので、まずはお気軽に声をかけてください。


法務局関係の仕事
不動産(土地・建物)に関する登記
・土地・建物を売買、相続、贈与したとき
・お金を借りて土地・建物を担保に入れたとき
                  など
不動産に関する権利変動についてあなたの権利を守るために登記手続を行います。

会社・法人に関する登記
・会社や法人を設立したり役員を変更したとき
・資本金を増やしたり・減らしたりしたとき
・商号や目的を変更したとき
                  など
会社・法人等に関する登記手続きを行います。

供託手続の代理
・地代・家賃の供託
一方的に家賃の値上げを要求されたが納得できない場合など、供託する事により賃借人の権利を守ります。



裁判所関係の仕事
訴状・調停・自己破産の書類の作成
裁判を起こしたり相手から訴えられたときの書類の作成。
調停の申し立てをする場合の書類の作成。
自己破産の書類の作成。
これらの書類を作成しアドバイスを行います。

簡易裁判所での訴訟代理 (法務大臣認定司法書士のみ)
請求額が140万円以下の民事紛争については、当事者の代理人として法廷で裁判手続きを行います。また140万円の範囲内で相手方と和解や交渉を行って、国民の権利擁護を図ります。
また、少額訴訟(請求額が60万円以下)といって 原則一日で判決が出る迅速な手続きもあります。売掛金の回収が滞っている、敷金の返還でもめている等のトラブルについてもあなたの権利を守ります。



相談業務
クレジットやサラ金の返済に関する相談
消費者金融やクレジット・住宅ローン等の返済で困っている、自己破産を考えている、不況で収入が減り住宅ローンの返済が苦しい、等

悪徳商法・架空請求等に関する相談
強引な訪問販売や、町で声をかけられて高額な商品を買わされた、身に覚えのない請求が来て気持ち悪い、など
尚、無料の相談会を定期的に開催していますので、是非ご利用下さい。



成年後見業務
高齢者や障害者の方が、判断能力が不充分なために不利益を被らないようにお手伝いします。司法書士が自ら後見人となり、悪徳商法等の被害に遭わないよう保護したり財産管理などを行ったり、これからの高齢化社会をサポートしていきます。尚、詳しくは「成年後見制度」のページをご覧下さい。



トップ | 会長挨拶 | お知らせ | 司法書士の業務 | 相談会の案内 | 会員の紹介
高校生への法教育講座 | 調停センター「和」 | 成年後見制度 | 情報公開 | リンク